基本情報

チワワの歴史

歴史はかなり古く、原産国はメキシコであるといわれています。
メキシコのチワワ州でつくられたため、チワワという名前がつけられたということですが、しかしその歴史やルーツについては諸説があるようで、解明されていない部分も多いのだそうです。

メキシコが原産であるという説と、中国からスペインに持ち込んだ犬に改良を加えて現在のチワワに至ったという2つの説が有力です。

参考サイト:チワワ基本情報

大昔のメキシコに、「テチチ」という犬がいて、小ぶりであまり吠えず、現在のチワワにかなり似ていたようです。
これが起源となる犬種ではないかといわれていますが、このテチチは、すでに絶滅しています。

しかし、テチチはあまり吠えなかったといわれています。
ですが、現在のチワワはよく吠える犬もいるので、その繋がりについても諸説があるようです。

テチチは死人の魂を黄泉の国に導いてくれるといわれていたため、時折生贄とされることがありました。
家族に死者が出ると、生贄として一緒に埋められていました。

またテチチは食用とされていた犬もいます。テチチは赤褐色の犬だったのですが、犬は赤が一番おいしいといわれていたことも関係しているかもしれません。

このテチチがチワワの発祥であるといわれている説では、テチチとチャイニーズクレステッドドッグの掛けあわせによって、現在のチワワの原型がつくられたといわれています。

日本での歴史

チワワがアメリカンケネルクラブに登録されたのは、1904年。
その後アメリカでは「世界一小さい犬」として大ブームとなり、日本には戦後に伝わってきたといわれています。

実際に日本で飼育されるようになったのは、1970年ごろから。
その後一気に大人気となり、ジャパンケンネルクラブでの登録頭数は、9万頭近くにのぼります。

ちなみに、ジャパンケンネルクラブの登録数第一位はダックスフンド。
ミニチュアダックスを飼っている人も、とてもよく見かけますよね。

ダックスフント

アメリカなどの海外でのチワワブームも大変なものでしたが、日本でも巻き起こったブームも記憶に新しいかと思います。
CMで起用されたチワワは大変な人気で、その年収は一般のサラリーマンの年収をはるかに超えているともいわれました。

そのころから、芸能人でもチワワを飼う方が増えはじめ、多頭飼いをして現場に連れてくる芸能人の話題もちょくちょく目にした方も多いのではないでしょうか。

チワワの魅力はとどまるところを知らず、今もペットショップにはかわいらしいチワワがたくさんいますよね。
毛の短いスムースと、毛が長いロングコートの2種類があって、いろいろな色の子がいますが、女性にはロングコートが人気が高いようです。

飼い主によく懐き、おりこうで比較的しつけがしやすいといわれていることもあり、今後もチワワ人気は継続していくことでしょう。