チワワのブラックタンってどんな犬?

ブラックタンの特徴、歴史、性格、毛色

ブラックタンというカラーは、黒色をベースにしつつタン色がアクセントとして含まれているものを指します。
チワワのカラーとしても比較的有名なバリエーションですが、どちらかというと他の犬種であるミニチュアダックスフンドやパピヨンなど方が一般的なカラーとして定着しているでしょう。

一番わかりやすいのがミニチュアダックスフンドで、黒色の被毛に鼻先と眉毛、胸元、それに四肢の先の部分が明るい茶色になっている犬種を多く見かけます。
チワワにおけるブラックタンもだいたいそれと色の感じは同じで、全体的に黒い被毛を持ちつつも、四肢の先や眉毛、鼻の周りがうっすらとタン色になっているのです。

なお似た色をしたものに「ブルー&タン」や「ブラック・タン&ホワイト」というものもあります。
「ブルー&タン」は灰色と青色を混ぜたような奥深い色合いをしているもので、「ブラック・タン&ホワイト」は白い部分と黒い部分とがはっきり分かれており、ブラックタンに比べて茶色の部分が小さいものです。

基本的にチワワは毛の色によって性格が極端に異なるということはないのですが、全体的な傾向としてブラック系のチワワは気が強くなりやすいと言われています。
ただそれも個体差があるようで、ブラックタンやブラック&ホワイトのチワワであってものんびり屋で人に警戒心を持たない犬もいるので、それぞれのワンちゃんの個性をよく見てあげるようにしてください。

ペットタレントとしても多く登録されています

チワワは犬が登場するテレビCMなどではおなじみの犬種となっています。
ペットモデルが登録されるアニマルプロダクションに登録されている小型犬を見ても、チワワはかなりの数で登録されていることが分かるでしょう。

中でもブラックタンのチワワの数は飛び抜けており、非常に見栄えのよいカラーであるということが伺えます。
実際にブラックタンといっても黒色とタンとの割合や色の出方は個体それぞれで、きれいに出てくれるとかなりシャープな印象になってくれます。

ペット掲示板や飼い主さんのSNSにもブラックタンのチワワの登録率は異常に高く、「うちの子自慢」としてかなりの美犬たちの写真を見かけられます。
飼い主さんとしても、子犬の頃から面倒を見てきたチワワが成長していくにつれてハンサムになっていく様子を見るのはとても楽しいことなのです。

なお黒色ベースの犬を飼育する時に知っておいてもらいたいのが、犬も白髪になるということです。
ブラックタンの場合は部分的に白色が入ることから白髪に早くになりやすいようで、若い頃は真っ黒だった被毛がてっぺんから白っぽくなっていくということもよくあります。