チワワの王子様

飼い始めて間もないチワワの子犬とのブログ

「チワワの王子様」は2015年9月21日から飼いはじめたロングコートチワワの「王子」くんとの生活を紹介しているブログです。

王子くんは2015年6月生まれのオスで、体の小さな子犬チワワとしてブログ管理人さんだけでなくブログの読者さんの多くにたっぷりと愛される存在となっています。

管理人さんは最初から犬を飼うつもりはあまりなかったといいますが、この王子くんに一目惚れをしてしまったため翌日には自宅に迎えてしまっていたとのことです。

チワワに一目惚れというとどこかで聞いたことがある話のようでもありますが、実際のところそんな気持ちにさせてくれるのもチワワという犬の魅力なのではないかと思ったりします。

ブログではチワワ犬どころか犬を飼うことにあまり慣れていないという管理人さんが悪戦苦闘をしつつもそれでも楽しそうに王子くんとの生活をされている様子が紹介されています。

見ている方にとっては子犬の王子くんのかわいさはもちろんですが、管理人さんの一生懸命な様子もまた応援したくなります。

また飼い主さんの妹さんの飼い犬にボストンテリアの「ハン」くんもいるのでそちらもたびたびブログに登場してきます。

姉妹で犬を飼ってそれぞれが交流するというのはとてもいいですよね。

ドッグランでは交流がたくさん

王子くんはまだまだ小さいのでそれほどたくさんの運動量が必要というわけではないですが、普段のお散歩だけでなく思い切り体を動かすことができるドッグランにはよく連れていってもらえているようです。

妹さんの飼い犬のハンくんとも一緒にでかけたことがあるようですし、他にも行きつけのドッグランでよく会う他のチワワ犬などとも交流があるということがたびたび記事で紹介されています。

ここ最近では都内でもペットを飼う人が急増していることを受けて自治体や地域の施設が自由に利用できるドッグランを設置してくれているので犬を飼う身にとってはとてもありがたいです。

ドッグランではリードなしで放し飼いにすることができるので、普段とは違った犬たちの行動が見られるというのがちょっと嬉しいところです。

ブログでは王子くんはかなり好奇心旺盛で他の犬たちとの交流も積極的に持とうとしているようです。

ただしまだ子供ということもあってかあまり本格的にかまってくれる犬というのは会いづらいらしく、遊び相手探しに苦労をしているという様子が伝わります。

管理人さんも書かれていますが、早く大きくなって体がしっかりしたらまた楽しくいろいろなことをして遊べるようになるんでしょうね。

食の細い王子くんにハラハラしてしまいます

王子くんの日常について書かれた記事で、獣医さんから痩せすぎて肋骨が見えるくらいになっているという指摘を受けたという内容のものがありました。

チワワは小型犬ですし柔らかくて毛足の長い体毛を持っているので、あまり体型はよくわからなかったりするんですよね。

犬の肥満が問題視されているのとは反対に、どうしても食が細くて体が大きくならないという悩みを抱える犬たちも実際にはたくさんいたりします。

特に小型犬の子犬では食が細くてあまりたくさんの量を食べようとしない犬というのは案外多くて、それが成長や健康を損ねる原因になってしまったりします。

犬が食事を食べない理由はいろいろのようですが、一般論としては「ドッグフードの硬さや柔らかさが合っていない」ことや「肉食が好きなのに炭水化物が多めのフードを与えている」といったことが挙げられます。

王子くんがどうしてあまりたくさん食べてくれないのか心配なところですが、何かよいきっかけがあってたくさん食べられる体になってもらえたらなと思います。