嵐なチワワ

5匹のチワワ犬との生活ブログ

「嵐なチワワ」は、5匹のチワワ犬と一緒に生活をするブログ主さんが、夫と男の子2人と一緒に暮らす様子を紹介する内容です。

5匹というと数が多いように感じますが、チワワは成犬になっても小型のままですから室内で一緒にくつろいでいる様子はちっともせせこましそうではありません。

飼われている犬は順番に平成22年生まれの「龍馬くん」と、同じく平成22年生まれの「麿呂くん」、平成23年生まれの「大和くん」、同じく平成23年生まれの「武尊くん」、平成24年生まれの「大河くん」となっています。

それぞれとても個性があっておもしろく、飼い主であるブログ主さんを見る瞳がいかにも語りかけてくるかのように思えます。

5匹もいるとお散歩などが大変なんじゃないかと思ってしまうところですが、お散歩が大好きなグループとお昼寝が大好きなグループとがいるそうなのでそのあたりは大丈夫そうです。

犬は犬種によってかなり性格が違うとはよく言われることですが、同じ犬種の中でもそれぞれ性格がかなり違っているというのが楽しいところですよね。

お出かけをするときのメンバーの顔ぶれによってまた出来事が変わってくるというのも面白いです。

ねこおじさんに負ける?!

チワワといえばかつては絶大な人気を誇った家犬ですが、ここ最近では空前の猫ブームが起こっているということもあり犬派はやや劣勢に立たされていると言えます。

この「嵐なチワワ」もそんな猫ブームに押される犬たちの様子が登場しており、人が多く集まるときの注目度を嘆いていたりします。

管理人さんの飼われているチワワ犬たちはとてもかわいらしくまとまって動いたときにはかなりの注目を受けるようなのですが、ひとたび多くの人が集まってくるところに猫が来るとあっという間に人気を取られていってしまうのだそうです。

そういえばここ最近、野良猫を捕まえて勝手に飼い猫のようにして人の集まるところで注目を受けようとするおじさんのことが話題になったことがありましたが、そんなふうに連れて来られた猫でもやっぱり多くの人は目を向けてしまうようです。

「嵐なチワワ」での記事でも、お花見にでかけたときに5匹そろっているチワワたちを最初はたくさんの人が囲んで写真などをとっていたのですが、そこに猫をかばんに入れて通りかかったおじさんが来たところあっという間にそっちに人が移動していってしまったのだそうです。

猫を使って注目を浴びようとするというのはなんだかちょっと納得いかない気もしますがそれも猫ブームあってのことなんだろうなと犬派としてはちょっとだけ悲しくなります。

でもきっといつかまたたくさんの人がチワワのかわいさに気づいてくれる時代が来ると信じています。

チワワのアホ顔がかわいい

5匹のチワワたちはとっても自由奔放で、楽しそうに生活をしている様子がよく伝わってきます。

個人的に気に入っているのがお散歩のあとの「アホ顔」で、いかにも気を抜いたふうの表情になっているというところがとてもおもしろいです。

それともう一つとても共感をしたのがノーリードで散歩をされていう高齢者の方への意見です。

私も普段よくお散歩をしていて、ノーリードで犬を走らせている主に高齢者の方を見かけます。

どうして高齢者の方にノーリードが多いのかよくわかりませんが、夕暮れ時の交通量もそこそこある道路で平気でリードを付けずに散歩しているのでハラハラしてしまいます。

飼い主さん的にはどうせ小型犬なんだから仮にだれか咬みついたり吠えたりしても大したことないだろうと思っているのかもしれませんが、犬を好きな人ばかりが通る道ではありませんので誰がどんなふうに迷惑と感じているかわかりません。

そして何より大切な犬たちがいつ交通事故にあってしまうかと思うととても心配になります。

私なんかがここで言ってどうこうなることではないかもしれせんが、どんなに慣れた犬であっても散歩の時には絶対にリードをつけるようにしてもらいたいと切に願います。