膀胱炎

犬の膀胱炎の症状は?

尿を排出するまで溜めておくのが膀胱の役割ですが、この部分に炎症が起こる病気を膀胱炎といいます。

尿道から細菌が膀胱に入って、それが原因で炎症を起こすのが一般的で、慢性化することもあるので注意が必要です。
このため尿道が短いメスがかかりやすいのが特徴となっています。
尿道からの感染以外にもストレス、腎臓や血液からの感染、前立腺が炎症して膀胱にも炎症が起こるといったケースもあります。

尿道炎の主な症状として、血が混じったおしっこが出るため、尿がピンク色になることもあります。
また熱が出る、食欲がない、水をふだん以上に飲む、頻尿、尿の匂いが臭くなるなどが挙げられます。
飼い主さんは、ワンちゃんの尿の状態を毎回確認して、早期発見に努めましょう。

膀胱炎の治療法は?

膀胱炎の治療は、抗生物質などの薬の投与が基本ですが、症状が治まっても膀胱に細菌が残っている可能性があるので、その後も3週間程度は抗生物質を飲んで、完全に細菌をやっつけます。

また、膀胱炎から膀胱結石を発症することも少なくありません。
このような場合は食餌療法や、手術で結石を取り除くといった外科的治療も行われます。

このほか、ほかの病気が原因で膀胱炎を引き起こしている場合は、その病気そのものに対する治療が行われます。

膀胱炎は細菌の感染のほかにも、さまざまな原因が考えられるため、まずは何が原因なのかを突き止めることから治療がスタートします。
尿に異常がある、様子が普段と違う場合は、すぐに獣医さんに診せましょう。
しかし膀胱炎は、再発しやすく慢性化することも多い病気です。
治ったからといって油断せずに、その後も様子を観察して再発していないかチェックする習慣をつけましょう。

膀胱炎の予防法は?

膀胱炎は人の目には見えない細菌など、さまざまな原因によって発症するので、飼い主が注意しているだけでは完全に予防できないのですが、清潔を心がける、おしっこを我慢させない、ミネラル分たっぷりで栄養バランスのとれた食事を与える、ストレスを溜めないようにするなどで、ある程度は予防できます。

しかし他の病気から発症することもありますから、少しでも異常を感じたら、早めに治療を受けましょう。
膀胱炎になると残尿感があったり、熱が出たり、ワンちゃんにとっては不快でつらい状態が続きます。

しかし、毎日のおしっこを観察していれば、匂いや色の変化に気づきますから、膀胱炎は早期に発見しやすい病気です。
犬のおしっこを観察することで膀胱炎だけでなく、尿道炎など他の泌尿器科系の病気の早期発見にもつながります。
ワンちゃんの健康状態の観察を怠らないことは、飼い主の努めですよね。