チェリーアイ

犬のチェリーアイの症状は?

犬の目は人間の目とは異なり、上下のまぶたの他に、第三眼瞼(瞬膜)と呼ばれるまぶたが存在します。
第三眼瞼は目に異物やほこり等が入るのを防ぐ働きをしており、ふだんは目元にしまい込まれていて、私たちの目に触れることはありません。
このほかにも、まばたきをしたときに涙を目のすみずみまで行き渡らせて、目の乾燥を防ぐという役割もあります。

チェリーアイはこの第三眼瞼の裏側にある涙腺が裏返って表側に飛び出している状態のことです。
真っ赤なさくらんぼが飛び出ているようにみえるため、チェリーアイと呼ばれますが、正式な病名は第三眼瞼腺脱出といいます。
1歳以下の幼犬が発症しやすい病気です。

目の裏側あるものが表側に飛び出してくるので、犬が不快に感じてその部分をこすってしまうので、細菌感染を起こしたり、結膜炎や角膜炎といった炎症を起こす事もあります。
また細菌に感染すると、本来の大きさの何倍にも腫れ上がってしまう事があります。

チェリーアイの治療法は?

治療では飛び出した部分を裏側に戻しますが、また表側に飛び出てくることも多く、予後が不良の場合は、外科手術で第三眼瞼腺と第三眼瞼を縫い付けるといった処置がとられます。
しかし外科手術を行っても、約3割が再発するとの報告があるので、獣医さんから手術のメリットとデメリットについて事前によく説明をうけることが大切です。
また、第三眼瞼腺を切り取ってしまう手術もありますが、この治療法はドライアイになりやすいので最近ではほとんど行われていません。

炎症は点眼薬などの薬で症状を抑えられますが、あくまで対症療法となるので根本的な治療には至りません。

チェリーアイを予防する方法は?

チェリーアイの原因は先天的なものと、ケガなどによるものがあります。
先天的なものではビーグルやペキニーズ、ブルドッグ、コッカースパニエルなど、第三眼瞼腺の組織と骨がしっかりとくっつかない犬種に起こりやすいといわれています。

後天的な原因ではケガによるものが多いので、基本的な予防法はないといえます。
ですから飼い主ができるだけ早く発見して、早めに治療をうけることが大切です。

ワンちゃんが目を気にしているしぐさを繰り返したら、お医者さんで診てもらいましょう。
目をこすっていると合併症を発症する危険があるので、なるべく早めに見せることが大切です。
チェリーアイになると、常に外気にさらされるのでドライアイになりやすく、悪化すると最悪の場合は失明する危険もあります。

犬は嗅覚に頼る動物とはいえ、視覚も大切な認識機能です。ワンちゃんを目の病気から守るためにも、早めにお医者さんに診てもらうことが大切です。