肛門嚢炎

肛門嚢炎の症状は?

チワワなどの犬には、肛門の両側に肛門嚢と呼ばれる器官があります。
これはスカンクやイタチの最後っ屁のような匂いを出す袋です。
自分の匂いをつけてマーキングをしたり、犬同士がお尻の匂いを嗅いであいさつをするときなどに、この匂いが役に立ちます。

肛門嚢炎は、このような働きをする肛門嚢が炎症を起こしている状態のことです。
肛門嚢には悪臭を放つ分泌液がたまるのですが、通常は排便をしたときなどに排出されます。
また、トリミングのときにトリマーさんが肛門嚢を絞って匂いを排出させることもあります。

肛門嚢にたまった分泌液の出口は肛門のすぐそばにあるので、便などで汚れやすく炎症が起こりやすい箇所です。
肛門嚢に起きた炎症などで分泌液の出口が塞がれてしまうと、肛門嚢に溜まった分泌液が外に出ることができず、内部に溜まってしまいます。
そしてついには肛門嚢がぱんぱんに膨らんで、破裂してしまいます。
これを肛門嚢破裂といます。

小型犬に多く見られる症状で、チワワを飼っている方は十分に注意してあげることが大切です。
肛門嚢炎になると、お尻を地面にこすりつけたり、おしりの方を気にしたりします。
このような行動が出ると、分泌物が溜まっていると考えられます。

また肛門の周りが赤くただれたようになっている場合も、炎症を起こしている証拠です。
症状が悪化すると、お尻の穴から出血をしたり、肛門嚢が膨らんでお尻の部分が腫れてしまいます。
腫れている部分はとても痛むので、触られるのを嫌がります。
そしてさらに症状が悪化すると肛門嚢が破裂し、出血や膿が出るようになります。

肛門嚢炎の治療法は?

症状が軽く、肛門腺が溜まっているだけの場合は、肛門腺を絞り溜まった分泌物を出してあげると楽になります。

しかし炎症を起こしていると、肛門腺を絞るととても痛いので嫌がります。
このような場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。
炎症だけの場合は、抗生物質の投与で症状が改善します。

しかし症状が進行しているときは、肛門嚢を切開して膿を出し、きれいに洗浄をして閉じるという外科手術が行われます。
膿をきれいに出してしまって炎症が収まり、その後細菌感染などがなければ完治します。
しかし犬が患部を舐める、薬を飲まない、といった場合はなかなか治らないこともあります。
肛門嚢炎を繰り返す場合は、外科的に肛門腺を摘出する選択も考えましょう。

肛門嚢炎の予防法は?

細菌感染によって発症することが多いので、普段からのケアが大切です。
定期的に肛門腺を絞って、中の分泌物を取り出してあげましょう。
自分でするのが難しい場合は、病院やペットショップのトリマーさんにお願いしましょう。