横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアの症状は?

動物には胸とおなかの間を隔てる、薄い板のような筋肉があります。
これを横隔膜といい、胸骨、肋骨、腰椎にそってドーム状に広がっています。横隔膜が開いたり閉じたりすることで、呼吸を助けています。

横隔膜の上は肺や心臓があり、横隔膜の下は消化器官などの内臓がつまっています。
横隔膜ヘルニアとは横隔膜に穴があいて、おなかの中に収まっているはずの内臓が、胸の方にはみ出す症状です。
内臓が胸部を圧迫して呼吸困難に陥る、心臓に負担をかけるといった症状や、消化器官や肝臓など内臓がうまく働かないといった症状があります。

横隔膜ヘルニアは先天的なものと、後天的なものがあり、先天的なものは生まれつき横隔膜が欠損していたりするケースです。

後天的なものは交通事故に遭う、おなかを蹴り上げられるなどのケガによって横隔膜が破裂して起こるといったケースが代表的なものです。

先天的な症状の場合は、生まれたときは症状がほとんどあらわれず、成長するにつれて呼吸困難などの症状があらわれるケースが一般的ですが、生まれてすぐに呼吸ができずに死んでしまうこともあります。
チワワは先天的に、横隔膜に欠損があることの多い犬種の一つです。
生後はしっかりと様子を観察して、先天的な異常がないかどうかを確認しましょう。

後天的な外傷による場合は、横隔膜の損壊によって症状の重さは異なりますが、呼吸ができない、吐いたりや下痢を起こしたりするといった症状が一般的で、横隔膜が著しく損傷している場合は、ショック症状やチアノーゼを起こして死に至るケースもあります。
かなりの大怪我ですから、横隔膜ヘルニアだけでなく、骨折、他の臓器の損傷などを伴うケースも少なくありません。

横隔膜ヘルニアの治療法は?

手術による治療が一般的ですが、先天的な場合は手術のショックで死亡する恐れがあります。
ただ、先天性でも軽症の場合はしばらく様子を見てから、手術をするかどうかを決めるのが一般的です。

後天的な場合では、呼吸困難などを引き起こして命の存続が危ぶまれればすぐに手術が行われ、横隔膜を修復します。

横隔膜ヘルニアを予防する方法は?

先天性のものは、これといった予防法はありません。

後天性のものは、何といっても交通事故や高いところから落ちるなどのケガをさせないことです。
お散歩のときは十分に車に気をつけて、飼い主の不注意で事故を起こさないようにしましょう。
内臓に関わるほどの大けがですから、横隔膜ヘルニアだけでなく、他の身体機能がストップして死んでしまう危険性もあります。
ちょっとした油断が犬の病気を引き起こすことがあることを、常に頭にいれて注意しておきたいですね。