リンパ腫

犬のリンパ腫とは?

犬のリンパ腫とは、白血球の1つであるリンパ球ががんになって増殖する血液のがんです。
犬のがんのなかでは発生率が極めて高く、がんの7%~24%を占めるといわれています。

発生年齢も生後半年から15歳の老犬まで幅広いのですが、多くは5歳~10歳ごろの中高年期に発症しています。
犬種ではボクサーやバセットハウンド、ゴールデンレトリーバーなどが発症しやすいといわれていますが、どの犬種でも発症リスクはあります。
発症原因は分かっていないのですが、遺伝との関わりや、発がん物質などが関わっていると考えられます。

リンパは血液の異常ですから、リンパががんになると、がん細胞が血液とともに全身をめぐります。
このため他のか所へ転移するリスクがとても高く、きわめて危険な病気です。

腫瘍には良性のものと、悪性のがんがありますが、リンパ腫に関しては、良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのか識別ができません。
ですからリンパ腫と診断されたら、悪性であると覚悟する必要があります。

リンパ腫の種類

リンパ腫は主に、5つの種類に分けられます。
1つ目は多中心型です。
リンパ腫の約8割が多中心型といわれており、最も多い症状です。
リンパ節に腫瘍ができるため、骨髄や肝臓、脾臓などにも転移していきます。
体重が減る、食欲がなくなる、ぐったりする、熱が出るなどの症状が出ます。

2つ目は縦隔型(胸腺型)のリンパ腫です。
リンパ腫の約5%がこのタイプだといわれており、胸にある前縦隔リンパ節や胸腺に腫瘍ができますし、この両方に腫瘍ができることもあります。
腫瘍が大きくなると胸が圧迫されたり、胸水がたまるので呼吸困難に陥ります。
また、血液中のカルシウムが異常に多くなる高カルシウム血症を併発することも珍しくありません。

3つ目は、消化器型のリンパ腫です。
リンパ腫の5%~7%がこのタイプで、消化器が大きなダメージを受け、嘔吐や下痢、体重の著しい減少、食欲がなくなるほか、血液のタンパク質が異常に少なくなる低タンパク血症を併発することもあります。

4つ目は、皮膚型のリンパ腫です。
これはとてもめずらしい症状で、皮膚に発生します。

5つ目は、節外型のリンパ腫です。
眼や骨、中枢神経系、精巣、鼻の穴などに発生するものですが、このタイプも発症例は極めて稀です。

リンパ腫の治療法

リンパ腫の治療法では、抗がん剤を使う化学療法が行われるのが一般的です。
しかし抗がん剤は副作用が強い上、いくつかの薬を組み合わせるなど、症状に合わせた治療法を行う必要があります。
通院の頻度や治療費、治療で期待できる効果と副作用、予後の状態など、治療について担当の獣医さんから詳しい説明を受けましょう。