緑内障

緑内障とは?

眼球の後ろ側には細い神経が束になって脳へとつながっています。
そして眼球は房水(ぼうすい)と呼ばれる液体で満たされており、この液体が循環して目を潤していますが、何らかの理由で房水の流れに異常をきたすと、眼球内部の圧力が高まって視神経を圧迫します。
これが続くと視神経がダメージを受けて、視覚障害が起こり、悪化すると失明することもあります。
このような症状を緑内障と呼んでいます。

緑内障には大きく分けて、次の3つの種類があります。
まず、生まれつき房水の流れに異常がある先天性緑内障。
また発症の原因がわからない原発性緑内障があります。
そして他の病気の影響で発症する、続発性緑内障です。

このうち原発性緑内障は、コッカー・スパニエルやバセット・ハウンド、柴犬などが発症しやすいといわれています。

他の病気により発症する続発性緑内障はブドウ膜炎や水晶体脱臼、腫瘍などが原因となっっている事が多く、これらの病気の影響で房水の流れが邪魔されて眼圧が高まり緑内障を発症します。

緑内障は眼圧が高まって視神経などを圧迫して視覚障害を生じますが、犬の緑内障の場合は、閉塞隅角緑内障といわれる症状が現れるのが一般的です。
この症状は隅角(角膜と虹彩が合わさるところ)が狭く、虹彩の根本で隅角が閉じてしまい、房水が排出されなくなって起こります。
眼圧が急速に上昇するため、早めの治療が何よりも大切です。

また犬によっては、開放隅角緑内障といわれる症状が現れることもあります。
これは隅角は閉ざされていないものの、うまく機能しておらず、房水の排出が阻害されて起こります。
この場合は初期の眼圧の上昇は緩やかですが、少しずつ症状が進行して閉塞隅角緑内障と同じ症状に至ります。

犬の緑内障の症状は?

緑内障を発症すると、目に激痛が走ります。
このため眼をうまく開けられなくて、涙の量が増えます。
また眼が充血し、瞳孔が開き、角膜のしろ色が濁って見えるのも特徴です。

片目だけが発症することもあれば、両目が同時に悪くなる場合もあります。
放っておくと眼圧によって視神経が機能しなくなり、最悪の場合は失明へと至るので早めの治療が大切です。

治療法

緑内障の治療法は薬などで治療する内科療法と、手術などの措置を行う外科療法の2つがあります。
内科療法だけで症状を改善できないことが多く、手術が行われるのが一般的です。

まず、上昇した眼圧を内科療法で減圧するのが最優先事項となります。
特に犬に多い「閉塞隅角緑内障」の場合は早期に急激に眼圧があがるので、少しでも早く治療を受けなければ視覚障害になるリスクが高まります。
目の様子がおかしいなと思ったら、速やかに獣医さんに診てもらいましょう。