子宮蓄膿症

犬の子宮蓄膿症とは?

子宮蓄膿症はメス犬がかかりやすい病気ですが、早急に治療を受けないと命に関わることもあるので、注意が必要です。
子宮蓄膿症は膣から細菌が子宮に入り、その細菌に感染して子宮内膜炎を起こし、子宮に膿が溜まって起こる病気です。

犬は発情期を過ぎたあたりからオス犬の精子を受け入れやすくするために、抵抗力が低下します。
このためブドウ球菌や大腸菌などの細菌が入り、感染しやすくなるのです。

細菌による炎症で膿が出て、それが子宮に大量にたまると、細菌や細菌から発生する毒素が子宮以外にも伝染り、敗血症や腎不全、肝不全など多臓器不全の状態に陥って、命を失うこともあります。

また、膿がたまりすぎて子宮に穴が空き、お腹のなかに膿が出たり、子宮が破裂したりすることもあります。
この場合も腹膜炎で死亡する危険があり、早めの治療が大切です。

ただ、子宮蓄膿症は初期のうちはほとんど症状がなく、病気の進行に気づかない事も少なくありません。
気づいたときには手遅れというケースもありますから、飼い主さんは十分に注意してあげたいですね。

子宮蓄膿症は6歳以上で不妊手術を受けていないメス犬に発症しやすいといわれています。
特に出産経験がない中高齢のワンちゃんに多くみられる病気です。

中高齢のワンちゃんで発情期から1か月から2か月後に水をたくさん飲むようになった、食欲がない、元気がない、お腹が膨らんでいる等の症状があれば、子宮蓄膿症の疑いがありますから、お医者さんに診てもらいましょう。
初期のうちは元気そうに見えるので、もうちょっと様子を見てから……などとのんびりしていると、気がついたときは危篤状態に陥っていたということも少なくありません。
異常を感じたら、すぐに獣医さんにみせてくださいね。

病院では超音波やレントゲンによる検査、血液検査などで子宮蓄膿症かどうかを診断します。

子宮蓄膿症の治療法は?

病気を完治させるためには、卵巣と子宮を摘出する手術を行うのが一般的です。

しかし合併症を発症していることも多く、このような場合は、非常にリスクが高くなります。
合併症では脱水症状といった軽度のものから、命に関わる重度のものまでさまざまです。
ワンちゃんの状態をみながら適切な治療が行われます。
子宮と卵巣を摘出したあとは、抗生物質を使って細菌をやっつけます。

摘出手術を行わずに、服薬などの内科的療法のみで治療を行う場合は、対症療法となりますから根本的な根治ができず、いずれは症状が進んで死亡へと到るので注意が必要です。

予防法

確実な予防法はありませんが、不妊手術を受けている犬は発症率が極めて低いので、早い時期に不妊手術を受ける事をおすすめします。

不妊手術を受けさせたくない場合は、発情期が終わってから約2週間の期間、抗生物質を飲む事でリスクが下がるとも報告されています。