てんかん

てんかんとは?

「てんかん」という病気をご存知でしょうか?
これは人間でも持病として持っている方が多い病気なのですが、チワワもかかりやすいといわれています。

原因不明の発作が起こり、体の一部に痙攣が見られる症状が主で、発作が起こる前によだれを垂らしたり、落ち着きがなくなるなどの異変が見られます。

こうした行為が増えたな、と思ったら治まったり、またおかしいな、と思うなど、浮き沈みがあるのも特徴です。
おかしいなと思っても落ちついてしまうので、すぐにてんかんであるということに気づきにくいため、発見が遅れてしまうことも。

多くの場合は痙攣の発作が起こった時点で気づきます。

てんかん発症の原因

てんかんが発症する原因は、遺伝によるものと外的要因があるものとに分かれます。
遺伝の場合は仕方がないということになってしまいますが、外的要因では、脳に衝撃を与えるようなきっかけがあると、かかってしまうことがあるようです。

出産経験のあるチワワの場合は、難産で脳の酸素が不足してしまった状態が長く続いたことがあったり、ショックな出来事を経験したりということが、後のてんかんの発病に繋がっているといわれています。

親子

事故などで脳に傷ができてしまうといった外部からの衝撃も、てんかんの原因となることがあります。

てんかんによって起こる痙攣にはいろいろな種類があり、全身が痙攣してしまうこともあれば、体の一部のみ痙攣することもあります。

てんかんの治療について

また失禁をしてしまうこともありますので、異変にはすぐ気づくかと思いますが、いきなりのことでどうしてよいかわからず、飼い主がパニックになってしまうこともあるようなので、発作が起きてしまってもまずは落ち着き、速やかに獣医さんのところに行って正確に症状を伝え、治療を受けることが重要です。

一度てんかんの発作が起こると、その後も頻繁に発作を起こすケースが多いといわれています。

発見が早く、早い段階で治療を開始できた場合には発作も落ち着き、通常の生活を送ることができる子も多いのですが、発見や治療が遅れてしまうと、発作も増えてしまうといわれていますので、どんな病気でもそうですが、「おかしいな」と思ったらすぐに病院の診察を受けるのが一番だと思います。

てんかんにはストレスがよくないといわれていますので、チワワにとってストレスになるようなものを避けることが重要。
人間も同様ですが、長い付き合いになってしまうことも多いので、大きな心で見守ってあげてください。