僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症とは?

僧帽弁閉鎖不全症は心臓の病気です。
僧帽弁というものは、左心房と左心室の間にある薄く2枚ある弁で、これが心臓の伸縮時に、左心房に血液が逆流するのを防いでいるのですが、この機能が正常に働かなくなり、血液の一部が左心房に逆流してしまうという病気になります。

僧帽弁閉鎖不全症にかかったときに見られる主な症状は、夜中に咳が出る、運動を嫌がる、呼吸が荒くなる、散歩時や排便時などに倒れてしまうという症状があります。

ほかにも、お腹が膨れてきたり、胸に触ると異常な震動を感じたりすることも。
また興奮時に舌が青くなるというのも、僧帽弁閉鎖不全症に見られる症状です。

この病気は小さいワンちゃんがかかりやすいといわれていますが、柴犬などの中型犬もかかりやすいようです。

柴犬

前述した症状が表れたときは僧帽弁閉鎖不全症を疑い、心臓部のレントゲン検査やエコー検査などを行って、僧帽弁の状態を確認します。血液検査を行い、数値によって肝機能や腎機能状態を確認することも。

僧帽弁閉鎖不全症の治療について

僧帽弁閉鎖不全症にかかってしまったら、治療などで完治するということは残念ながら難しいため、ずっと薬を飲み続けることになります。

薬の服用については、僧帽弁閉鎖不全症を治すものではなく、心臓にできるだけ負担をかけないようにするというものになるため、ずっと薬は飲み続けなければなりません。

薬は複数ありますが、早期発見できた場合には、少ない種類で経過を見ていくことが可能です。
しかし発見が遅れ、病気が進行してしまった状態になると、薬の種類が増えてしまう上に、余命がかなり短くなってしまいますので、異常を感じたらすぐに獣医さんのもとで診察を受けましょう。

長く放置してしまうことが、ワンちゃんの命を短くしてしまうことにつながります。

服薬をしながら生活をする上で気をつけたいことは、とにかく心臓に負担をかけないようにすること。
激しい運動はもちろん、興奮させないようにすることも大切です。

どうしても事情でペットホテルなどを利用しなければならないときは、僧帽弁閉鎖不全症にかかっていることを伝え、心臓に負担をかけないように対応してもらいましょう。

シャンプーを嫌がるワンちゃんの場合、興奮して心臓に負担をかけてしまうことがありますので、トリミングをお願いするときにも病気についてお伝えし、興奮させないように対応してもらうことをおすすめします。

もし突然症状が悪化し、容態が急変したときは、すぐに獣医さんの元に走り、治療を受けてください。