食事

適切な食事とは?

チワワはとても小さいので、食事の量や質にはとても気を使いますよね。
どんな食事を与えるのが適切なのでしょうか?

ほかのワンちゃんたちも同様ですが、チワワといってもそれぞれの犬によってタイプはすべて異なりますので、必ずこうすればいい、といった決まりはありません。

ペットショップやブリーダーさんから購入するときに、これまでどんな食事を与えていたか、今後はどのような食事を与えていけばよいのかというお話をしっかり聞いておくことが望ましいですが、きちんとその通りにやっても、実際にチワワがその通りに食べてくれないということもよくあります。

食の細い子の食事

食べ過ぎなチワワであれば、必要量以上は与えないようにすればいいだけなので、さほど大変なことはないのですが、問題は食の細い子。

自宅にやってくるまで食べていたというドッグフードを与えても食べてくれなかったり、もう飽きてしまったのかなと思って違うフードを与えても食べてくれなかったり、ということが続くと、何かの病気だと思って心配になってしまいますよね。

まず、チワワは基本的に一度にガツガツと食事をする子が少なく、一粒ずつ口に加えてどこかに運び、ゆっくりと食べるという子が多いので、フードは食事ごとに用意するのではなく、いつでも食べれるように常に用意しておいたほうがよいようです。

食べ過ぎなチワワにそれをしてしまうと、エンドレスに食べてしまうので、そういう子には都度与えるようにするほうがよいですが、少食のチワワには、常時フードを用意してあげてください。

また、食が細いからといって、むやみにフードを買えるのはあまりおすすめできません。

チワワはフードを嫌いだから食べないのではなく、一度に食べられないだけということもおおいにあります。
そこでコロコロとフードを変えてしまうと、ますます食が細い子になってしまうということも考えられます。

また、運動量が少ないと、どうしても食事の量も少なくなりますので、できるだけたくさんお散歩をしてあげたり、一緒に遊んであげて、お腹が空く環境をつくってあげるとよいでしょう。
小さい子供と同じですね。

改善がみられない場合は早めの受診を

それでも食が著しく細いというときには、動物病院で受診してください。

飼い始めたばかりのチワワの場合は、少し食が細くても、体重がきちんと増えていれば、そう心配することはないと思われます。

まだ月齢の低いチワワで、食が細い、体重も増えないという場合は、成長に影響してしまっている可能性がありますので、医師の診断を仰ぎましょう。