どれくらい長生きするのか

小さな体で長生き

小さいチワワ、本当に可愛いですよね。
あの瞳で見つめられると、なんでもゆるしてしまいそうになってしまいます。

昔金融会社のCMでチワワが出ていましたが、本当にあんな感じなんです。
見つめられるとこっちが参ってしまうんです。

チワワは世界最小の犬種として有名です。
今は非常にたくさんの家庭でこのチワワを飼っています。
チワワの寿命はどれくらいなのでしょうか。

チワワはとても小さいので、短命のようなイメージを持たれがちですが、結構長生きする犬なんですよ。
その寿命は平均で15年前後と言われています。
通常の犬の場合は平均が10歳から12歳程度だと言われていますが、それと比較しても長生きさんなんですね。

わんちゃんって小型犬のほうが寿命が長いのは知っていましたか?小型犬よりも大型犬のほうが寿命長いイメージがありますよね。
実は大型犬よりも小型犬の方が寿命が5歳程度ちがったりするんですよ。

また純血の犬の場合よりも雑種の方が生存率が高いという結果も出ています。

チワワはあまりその他のワンちゃんとの交配があまりありません。
純血でも25歳まで生きたチワワがいるそうです。
とっても長生きなんですね。

寿命は、環境や愛情に左右される

しかしやはり飼っている環境であったり、与えている愛情であったり、そういった外部的要因に左右されるのは致し方ないと思います。
環境によって寿命って変わってくるものですから。

またこのような人気のある犬種はブリーダーが無理して増やそうとしてしまいます。
もちろん健全なブリーダーさんもいらっしゃいますが、悪質なブリーダーは兄弟で交配させるなど、先天的な問題が発生するような交配のさせ方をしてしまい、寿命が短いかわいそうなわんちゃんも居るのです。

チワワの育て方次第で、その寿命は大きく変化します。
影響するものとして食べ物、環境、日々の管理状況、運動なども影響してくるでしょう。

そういった様々な要因によってチワワの生存率が異なってきますし、そういう部分に気をつければよっぽどの事がない限り、みなさんと長く生きたいと願ってくれればきっと長生きしてくれるはずです

また、定期的な獣医さんによる検診も、チワワの寿命を延ばす方法です。
やはり日々の生活の中で気づかない事もたくさんありますので、定期的にかかりつけの獣医さんに検診をしてもらいましょう。

太り気味であったり痩せすぎでもあまり良くありません。
獣医さんにかわいいチワワがどういう状況にあるのかをしっかり聞き、その後の飼育に役立てて、すこしでも長生きさせてあげてください。