犬に食べさせてはNGなもの

人間と同じ食事は基本NG

犬は基本的に人間の食べるものは何でも食べてしまうので、夕食のときなどに横でごはんを欲しがっていると、かわいさからつい一口上げてしまう、ということがよくあるかと思います。

基本的に人間が食べている食事は、チワワには塩分や油分が強すぎるので、人間と同じ食事はあげないほうがよいようです。

また、最近はドッグフードではなく、手作りの食事を作ってあげている人が増えています。

添加物などが入りませんし、塩分を少なくすることができるので、手作りの食事はとてもおすすめなのですが、食材によってチワワが食べてしまうと体調に異変をきたしてしまうものがあります。
ここでは、そんなNG食材についてご紹介していきましょう。

特に注意すべき食材

まずよくないのが、ネギ類やニラなどの刺激の強い野菜。
これは以前からかなりいわれていますので、ご存知のかたも多いかと思いますが、食べてしまうと胃腸障害や血尿などの不調を招いてしまいます。

また、血液を必要以上にサラサラにしてしまいますので、溶血性貧血を引き起こしてしまうことも。
ネギ類については、そのものはもちろんスープなどでエキスが出ているものについてもよくありませんので、くれぐれも与えないようにしましょう。

チョコレートやココアなど、カカオが入っているものを与えることも厳禁です。
これは不整脈や痙攣、嘔吐など申告な症状を招いてしまいますので、絶対に与えないようにしてください。

人間はチョコレートが大好きな人が多く、食べているのを見てほしがるワンちゃんも多いのですが、NG食材として覚えておきましょう。

愛犬を苦しめないための知識

犬の大きさによってはかなり深刻な状態になってしまうことがあり、例えば5kg弱の犬の場合、ビターチョコレートを60グラム異常食べると、最悪の場合は死に至ってしまうこともあるほど危険な食材です。

そのほか、レーズンやブドウなどの果物、アボカドなども犬には与えてはいけない食材とされています。
ぶどう系は嘔吐や下痢、腹痛などを引き起こした後に、腎不全を起こす可能性が高いといわれており、こちらも最悪の場合は死に至ります。

アボカドも犬や猫には毒となる「ペルジン」という成分が含まれており、こちらも死亡の恐れがありますので、絶対に与えないようにsましょう。

豚肉やきのこ、スルメ、貝類、パン類なども、危険度は低いものの、あまり与えてはいけない食事となっています。
基本的にお肉はささみなどの高タンパク低脂肪のもの、あとは緑黄色野菜などを与えるようにしておけば、大きな心配はないようです。

ちょっとしたミスからワンちゃんを大事に至らしめてしまうことのないよう、NG食材についてきちんと理解しておくようにしたいですね。