トリミングについて

ロングコートチワワのトリミングは定期的に

チワワ、特にロングコートのチワワについては、定期的にトリミングを行ってあげると、きれいな毛並みを保つことができるのでおすすめです。

けれど、トリミングといってもいろいろな作業がありますので、ご自宅のチワワにどのお手入れが必要なのかわからない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

トリミングメニューについては、主にシャンプー、爪切り、耳掃除、足裏バリカン、足回りカット、お腹バリカン、肛門バリカン、肛門腺しぼりなどがあります。

この中で、チワワにおいてはおなかバリカンはあまり必要ないと考えている方もいらっしゃるようです。
バリカンにかぶれてしまうチワワがいることと、トリミングのタイミングでバリカンで足を切ってしまうことが多いということが理由。

そのほかのバリカンや工程については、すべてお願いしてよいかと思います。

よく、いろいろなコースを組み合わせて料金設定しているトリミングサロンがあり、「フルコース」だとこれらすべての工程が入るので、フルコースをお願いするときは、おなかバリカンだけ除いていただけばよいでしょう。

自宅でもシャンプーをすることが可能であれば、プロのトリミングは2ヶ月に1回程度で十分。
スムースの場合は毎日ブラッシングをしているなら、自宅のシャンプーをしながら3ヶ月に1回程度プロにお願いすれば十分だと思います。

子犬のうちは獣医さんと相談を

トリミングについては、子犬のうちはお願いしません。
ワクチンの摂取が3回終わった時点で獣医さんに相談し、トリミングがOKということになった時点でお願いします。

子犬のころは自宅できちんとお手入れをしてあげれば、十分きれいな状態を保つことができるかと思いますので、そこまでまめにならなくても大丈夫です。

トリミング料金は、サロンによって大きく差がありますが、だいたい5,000円から10,000円前後が平均的ではないかと思われます。

ショッピングセンターに入っているサロンや、大手のサロンになると少し割高になるようです。
お手頃な価格で、かつ高い技術で施術を行っていただけるサロンもありますので、近隣にそういったサロンがないかいろいろと探してみましょう。

犬を飼い始めると「犬知り合い」的なお知り合いができてきます。
そこで、トリミングについて伺ってみると、よい情報が得られるかと思いますし、獣医さんに聞いてみるのもよいでしょう。

地域の犬の情報にも詳しくなれるので、お天気のよい日は、たまにチワワと一緒に公園に散歩に出て、情報収集をしてみるというのもよいかもしれません。