チワワを里親で探す

里親制度での探し方、探す時の注意点

ここ近年、飼い犬の探し方として定着してきた方法として「里親制度」があります。
里親制度は、本来殺処分にされるはずだった犬や猫たちが保護施設で生活をしているところ、飼育をすることが十分にできる人が申し出をして飼い主になるというものです。

里親募集はインターネットを通じて大々的に行われるようになっており、最寄りの保護施設の所在地や現在里親を探している動物の情報は常に最新のものを入手することができます。
ただし、理解しておいてもらいたいのは、里親募集というのは「無料でペットを飼いたい人に動物を渡す」というものではないということです。

保護施設につれて来られる動物たちというのは、飼い主から捨てられたり、悪質なブリーダーが放置をして逃げていったり、迷子やペットショップの売れ残りとして処分されることになっていたという過去があります。
そうした飼い主のいない動物は、地方自治体の殺処分状につれて行かれて、そこでガスなどにより命を奪われてしまうのです。

いわば人間の身勝手のために殺される命であった動物を救うための制度であることから、軽々しく「買うよりも安いから」という気持ちで応募をするのは全く感心できることではありません。
購入よりも価格は安いかもしれませんが、責任はむしろ通常購入をするよりもはるかに重いということは理解しておいてもらいたいです。

必ず責任を持って最後まで看取る気持ちで

以前までは保護施設にいる犬は雑種がほとんどだったのですが、最近ではペットブームによって気軽に血統書付きの犬が手に入るようになったせいか、チワワなどの人気犬種も多く見られるようになっています。

ただ、保護犬であるので血統書がきちんとついているということはまずなく、中には生年月日も不明という犬もいたりします。
チワワという犬自体は明るい性格をしており順応能力も高いことから比較的引き取りやすいものの、過去に捨てられたり虐待をされたりした犬は、いきなり人間に心を許すということはありません。

ですので初めて犬を飼育するという人が、軽い気持ちで里親になってしまうと「思っていたよりもかわいくない」ということになり、また保護施設や保健所に連れて行くというような事にもなりかねません。
どうしても飼育をしたいというなら保護施設にいるチワワでも、できるだけ子犬であったり、過去にあまりつらい目にあったことのない犬を選ぶようにした方がよいと言えます。

いずれにしても、里親になるというのは命を引き取るということです。
仮に飼育を開始してから病気になったりケガをしてしまったりということがあっても、きちんと最後まで自分が面倒をみるのだという気持ちを持ってください。