チワワの涙やけ、原因は?

涙やけの原因

チワワという犬種全体でかかりやすい病気がいくつかあります。
その中の一つが目に関するもので、乾燥性角結膜炎や角膜炎・角膜潰瘍、流涙症といったものが挙げられます。

この中の「流涙症」というはいわゆる「涙やけ」と言われるもので、過剰に涙が流れでてしまう状態が続くことにより、目の下に皮膚が変色をしてしまうという症状です。
流涙症は発症してすぐに症状となるわけではなく、少しずつ進行していくという特長があるので、できるだけ早めに発見をしてあげるとともに原因となるものを取り除く必要があります。
流涙症の原因は涙が出続けることですが、実はこの過剰な涙の分泌の原因は一つではなく、何か特定のことをすれば確実に防げるというものではありません。

犬の目は三層構造となっており、外側から順に油層・水層・ムチン層です。
涙腺から出た涙は内側のムチン層と外側の油層の間の水層に流れて留まるようになっており、まばたきをすることで瞳全体を潤します。
役目を終えた涙は目頭付近の涙点に集まって、鼻涙管から鼻から排出されるというしくみです。

しかしこの3つの層のバランスが崩れるとうまく水層内だけに涙がとどまらなくなり、顔の表面に流れ出ていってしまうのです。

ふき取り方、予防方法

まず飼い主がしてあげるべきこととして、毎日のボディケアで目の周りをよく見て、目やにや涙が過剰分泌されていないかをチェックすることです。
流涙症は心因性の場合もありますが、全く体質的な疾患であることもあります。

例えば角膜炎や結膜炎を起こしていると、どうしても目に痒みが生じるようになるので、それが涙の量を増やすことになってしまうのです。
目の中にまつげなどの異物が入り込んで取れなくなってしまっていることもあり、長くそのままでいることにより角膜に重大な傷がつくおそれもあります。

涙や目やにが目立ったら、まずは綿棒など細いもので丁寧に拭い取ってあげるようにして様子を見ましょう。
症状が改善しないようなら、速やかに動物病院に行って獣医さんから診断を受けてください。
流涙症による涙やけは、流れた涙が顔面で細菌を繁殖させることによって起こるので、見た目が悪くなるばかりでなく他の病気を誘発する大きな危険があります。

流涙症が起こっている時に考えられることとして、涙腺や目の表面の機能に異常が発生してしまっている場合と、鼻涙管が詰まってしまっているということの2つがあります。
本来流涙症というのはパグ犬やミニチュアブルドッグなど、マズル部分が短めの鼻が潰れたようになっている犬に多く起こる症状です。
同じチワワでもマズルの長さが短めの個体がありますので、子犬の時期から病気のリスクは理解しておくべきでしょう。