チワワとパピヨンのミックス!パピチワについて

明るく活発的な性格が多い

人気のパピチワですが、チワワとパピヨンの掛け合わせによって誕生しているため、以下のような性格を内包していることが多いです。

チワワの多くは飼い主など、自分を甘やかせてくれる人物に対して有効的です。
ですが同時に警戒心も強いので、あまり怒鳴られてしまうと、警戒心をフルに発揮することがあるので注意してください。

そのためパピチワについても、吠えやすくなってしまう、もしくは人のことが好きで、人懐っこい性格になる傾向にあるのです。
その他では、パピヨンの血を引いているため、体を触られることが好きです。

これはパピヨンに良く見られる特徴なのですが、パピチワの場合も、積極的に体を触ってくれる相手ほど、愛情表現の多い相手として記憶されるため、飼い主との相性が良くなりやすい性格と言えます。
しかもパピヨンは他の犬種と比べて、大人しく利口という大きな長所もあるので、家の中でしつけることも難しくありません。

パピチワについても、このような性格が評価されているため、小さな子供がいる家庭で飼われていることが多いのです。
パピヨンの性格で短所となるのは、頑固なところでしょう。

飼い主と一緒に遊んでいる時に、いきなり飼い主が遊ぶのをやめると、その場から離れるのを嫌がることもあります。
ですがチワワの血を引いているため、パピチワは学習能力の高さも備わっているのです。

そのためパピチワは、他の犬種と比べて飼いやすいと言われることが多いのでしょう。

意外とズッシリとしている

パピチワという名称のため、外見についても丸っこくて小さい・・・というイメージがあります。

ですがパピヨンの血を引いているため、チワワよりは大きくなっていることを理解して飼ったほうが良いでしょう。
外見の大きな特徴では、ふさふさの毛並みが目立つようになっていますが、定期的にブラッシングを行ってあげないと、ふさふさの毛並みがボサボサに見えるので注意してください。

その他の特徴では、チワワとは違い三角形の耳が目立つので、こちらもパピチワ特有の外見と言えるでしょう。
またチワワとかなり似ているため、アップルヘッドと呼ばれる、りんごのような頭の形をしているのも、パピチワの特徴です。

最近になって話題になってきている特徴では、パピヨンの血を引いているため、年齢ごとに毛並み、毛色が変化していくという特徴もあります。
つまりパピチワには、パピチワの飼い主にしかわからない変化があるため、こちらも人気となって、パピチワを飼いたいと考えている人が増えているのです。

パピチワは、成犬に近づくに連れて毛色が明るくなっていくのですが、幼犬の頃から毛がふさふさしています。
そのため幼犬の頃は毛を楽しむ、成犬になってからは色を楽しむことができます。