チワワが震える理由

チワワ特有の震えは多い

チワワは主人に対しても震えることがあり、人によっては、この仕草が可愛いという人もいます。

実際にチワワは、テレビコマーシャルを通じて有名になったのですが、そんなテレビコマーシャルでも、チワワが震えるシーンを、そのままテレビコマーシャルで流すという手法が多いです。
そんなテレビコマーシャルの影響もあり、「チワワが震えるのは自然なこと・・・」と思ってしまう人も多くいます。

ですが、チワワが震えるというのは自然なケース、不自然なケースがありますので、チワワを飼う際は以下についても知っておきましょう。
基本的なチワワの震えというのは、飼い主に対する嬉しさなど、愛情表現の一種としてチワワが震えるケースもあります。

このようなケースでは、近寄ってあげるとしっぽをパタパタと振るため、愛情表現の一種であることがすぐにわかります。
しかしチワワの震えの中には、寒さ、怯えに対して震えているケースもあるので、すべてが愛情表現というわけではありません。

チワワはふわふわとした体毛を持っているため、多くの人が寒さに強いという先入観を抱いていますが、実は、それほど寒さに強い犬種ではありません。
チワワの原産国はメキシコなので、温かい地域で生活していた犬ということを理解し、あまり寒い場所で放置しないようにしましょう。

しかもチワワは怯え、恐怖に対して敏感なのです。
そのため良く吠える一方で、相手から吠えられるのを嫌がりますし、一度でも吠えるようになると、吠えるのをやめることが困難になるチワワもいます。

このような行動は「カーミングシグナル」というのですが、ストレスを感じている場合も、同様にチワワの震えが止まらなくなることはあります。

病気を訴えている可能性もある

チワワが震えているだけでなく、震えがいつまで経ってもおさまらない場合は、痙攣(けいれん)、発熱を疑ったほうが良いでしょう。

このような行動を繰り返す時ほど、チワワの震えが酷くなるだけで、チワワはあまり吠えなくなります。
吠える元気さえも無いので、良く震えていると感じる場合は、動物病院で診察を受けたほうが良いでしょう。

チワワの震えが酷い状態になると、内臓にも悪影響を与えることが多くなり、嘔吐が目立つようになることもあります。
急に体を動かすと、かえって症状が悪化するだけなので気をつけてください。

他にも、チワワの震えの原因には、低血糖に悩まされているため、体温が安定しないためチワワの震えが酷くなるケースもあります。
最近になって食事をあまり取らなくなったという場合も、動物病院で診察を受けたほうが良いのです。

これらの問題を抱えているチワワのほとんどは、「足取りがフラフラする、食欲がない、尿を漏らす」といった、普段では見られないような行動が目立ちます。