しつけでやってはいけないこと

男女ともにやってしまう失敗

チワワのしつけでやってはいけないことは多いです。

例えば、チワワのしつけ方を良く知らない人ほど、他の犬種と同じようなしつけを行ってしまい、それが、チワワのしつけでやってはいけないことだと、後になって知ることが良くあります。
具体的には怒鳴る、叩くは効果的ではありません。

犬の場合、怒鳴られることによって飼い主、犬の関係が出来上がっていくと思ってしまいますが、実は逆効果であることがわかってきました。
これはチワワも同じで、大きな声で怒鳴ってしまう人ほど、犬から嫌われる行動を繰り返しているだけなのです。

大きな声で怒鳴ってしまうと、犬は従順になりやすいのですが、その側面で怯えに対して敏感になるのです。
そのため、大きな声で怒鳴ってしまう人が近くにいるだけで、元気を失ってしまう、場合によっては吠える癖が直らなくなるのです。

人間関係の場合、すぐに手をあげてしまう人と変わらないため、大きな声で怒鳴ってしまう癖は、飼い主であってもすぐに直したほうが良いでしょう。
そして叩くのも良くありませんので、チワワのしつけでやってはいけないことだと認識したほうが良いです。

なぜ叩くことがいけないのかというと、消えない恐怖心、ストレスをチワワに与えているだけだからです。
チワワは想像以上に繊細で臆病なため、このような行動を繰り返されると、どのように反応して良いか困ってしまいます。

飼い主とのコミュニケーション不足が目立つようになると、しつけについても進まなくなるので、軽く叩く程度のしつけであっても控えたほうが良いでしょう。

女性に多いとされている失敗

チワワのしつけでやってはいけないことの中には、目を合わせ続ける、気分で叱る行為も含まれます。

チワワは可愛いので、クリクリとした目をずっと見ていたい・・・、そんな気持ちになってしまう飼い主もいますが、これは、動物にとって「攻撃の意思あり」と判断されるので注意してください。
猫を飼う際も、なでる、褒めるなどは効果的とされていますが、顔を近づける、目を合わせ続けるのは良くないとされているほどです。

チワワを気分で叱るのも良くありません。
気分で叱っているだけでは、どうして怒られているか理解できずチワワのしつけにならないことが多いのです。

そもそも犬というのは、人間とは違って、人間社会を理解して生きられるわけではありません。
そのためちょっとしたミスを繰り返して、良いこと悪いことを判断するようになっていきます。

小さなことで叱ってしまうと、正常な判断に狂いが生じてしまい、ストレスを溜め込むことが多くなるのです。
なのでチワワを叱る際は、気分で叱っている状態になっていないか注意しましょう。